人気ブログランキング |
たっぷり、本棚。
わたしたちが作っているのは、ほとんどがオーダーものです。
基本となる形はあれ、結局はいろいろつきつめていくと、
サイズや使い勝手までこだわったオリジナルが欲しくなるというもの。

少し前になりますが、本棚をオーダーして下さったお客さまがいらっしゃいました。
06年に開催したBf展を見にきてくださり、そこからのご縁でオーダー下さったのです。
「一人暮らしの部屋のクローゼットのなかに、ぴったり収まる本棚が欲しい。」
というご要望でした。何度かの打合せの末、出来たのが、こんなかたちです。

c0028907_1824924.jpg


同じ大きさですが両面使いの棚なので、それぞれの面の奥行きは本に合せまちまちです。
とにかく資料としての本や雑誌が多く、サイズもいろいろで、
とにかくいっぱいある!ということでしたので、設計にあたり、
いったいどのくらいの本があるのかをざっとリストアップしてもらいました。
文庫本や新書判などの小さなものからB5版の雑誌、大判のものや美術書など
サイズも多岐にわたれば量もなかなかのもの。
本棚自体をそんなに大きくしたくない、ということで、高さはできるだけ抑えることに。
結局、両面使いにして1本あたりのサイズを、
高さ1050mm奥行き600mmm(一般的なクローゼットの奥行きに合わせて)、
両面使いでも巾は360mmに抑えました。
それでも、お手持ちの本すべてを収納するには計4本必要となりました。
これだけ揃うと図書館でもできてしまうほど、の量です。
もし今後増えても少しは大丈夫ということで、ゆとりもあります。

c0028907_1832574.jpg



天板は、キズなどに強く工業製品でありながら味のあるバッカー材を、
1本はお客さまのご希望で針葉樹のトップをオレンジ色に塗装しました。
側面はBfオリジナルのバウムパネル。(積層目がバウムクーヘンみたいなので)
この組み合わせを気に入っていただけたのは、工房としても嬉しい限りです。

納品前に、パソコンデスクと合わせてみました。
なかなか、いいかんじ、かな。

c0028907_18331663.jpg


とにかく本がいっぱい入って、大活躍です!と嬉しい声も後程いただきました。
写真は、お客さまのご自宅ということでここには掲載できませんが、
きっと大活躍してくれてるのだと思います。
本は集まるとかなりの重量になりますが、へこたれずに働いてくれているようです。

オーダーを受けて、相談をすすめてベストの形を探り、(もちろんコストとの折り合いも)
スケッチから図面を起こし、板サンプルなどを交えてひとつの家具を形にしていく。
それは簡単な作業ではないし、お客さまにも頭をひねっていただくこともありますが、
そうして出来上がった家具を生涯のパートナーにしていただけたら、
こんなに嬉しいことはありません。
この本棚も、打合せに打合せをかさねて生まれました。
末長く、かわいがってやってくださいね。
by bricolagefactory | 2007-12-28 18:43 | 家具のお話
<< あけましておめでとうございます! Bfオリジナル >>