人気ブログランキング |
ブリコラージュにて土なべ展、ごはん会 etc...
ブリコラージュ・ファクトリーの元工房を改修した
ショップ&ギャラリー空間『ブリコラージュ』にて開催中の、杉本寿樹さんの土なべ展
去る11月11日の日曜日には、杉本さんのおくさま・喜美子さんにお願いして、
土なべでつくるごはんとおかずのデモンストレーション(というと固いですが、要はごはん会)をしていただきました。

土なべで炊くごはんの美味しさは、すでにご存知の方も多いと思いますが、
なべといえば、土なべばっかりの杉本家では、ごはんはもちろん、
おみそ汁やおかず、煮物、佃煮やジャム、ときにはカレーやシチューなどの
洋もののお料理まですべて土なべでお料理されてます。
そんな杉本家の食卓を、ブリコラージュのショップ内にちょっと再現してもらいました。


c0028907_16393098.jpg


土なべの手前にある小鉢のなかには、喜美子さんお手製の日の菜漬や
きゃらぶきの佃煮、黒豆の煮物、自家製の梅干しが。
これらぜんぶ、この日の為にとおすそわけして下さったのです。
これだけでも感動なのに、さらに手のこんだ煮しめを教えてくださいました。
下の写真は、こうや豆腐の巻きもの。
こうや豆腐とうすあげを、喜美子さんお手製のかんぴょうで巻いた、
お正月の一品にも出せる、縁起物です。


c0028907_1635599.jpg


c0028907_16385854.jpg


この煮物、ほんとにじんわりとおだしがしみて、
冬の始まりを連想させてくれる、ほかほかと身体とこころあたたまるものでした。
ほんとうに小さなとろ火で煮含めていったのですが、
ほんの1時間程で、手間ひまかけて煮込んだようなお味に。
土なべってほんとうに、いい仕事してくれます。

手仕事により生み出された、美しく、真面目で、
どこか愛らしい、道具としての土なべ。
ことことゆっくりじっくり煮えるさまを見ていると、
出来上がりを待つ時間までも豊かにしてくれるのだから、不思議です。
忙しく働いて帰ってきて、ご飯つくる暇なんか!と思っている、
とげとげした気持ちをふとやわらげてくれる。
そういうちからが、人の手により生み出されたものたちには
しっかりと宿ってるなあとしみじみ。
それが、手仕事のものの魅力であり、違いなんだろうな。

そしてこの日、ごはんを炊いたのはなんとわたしです。
カセットコンロでの実演だったので、少々火が近過ぎて勘が狂いましたが、
ほら、おいしそうにできました。
試食でも、『おいしい!』と大好評で、あっという間になくなり2回目を炊くことに。
もちろん、わたしの腕ではなく、この土なべちゃんがえらいのです。


c0028907_16452726.jpg


杉本さんの土なべ展は18日・日曜日の18:30まで。
家族用の大きなものから、ひとりぶん、ふたりぶん用の小さなものまでいろいろあります。
詳しくはこちらをご覧くださいませ。
by bricolagefactory | 2007-11-13 16:51 | イベント情報
<< 家具&木工検索エンジン リンク追加 CASO >>