<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
大きな建具
ちょっと久々の投稿になります。

今、大きな建具の制作をしております。
がら~っと開けるととても開放的な空間になる三枚引き込み戸です。

高さが2.3メートル近くあるので、なかなかに大変でした。

建具になる前の部材です。今回はタモ材を使用しております。

c0028907_2041259.jpg


格子の数もそこそこあるので、加工するのも時間がかかりました。

c0028907_2050431.jpg


ここまでの下準備には結構骨が折れます。手を抜いちゃうとあとあと面倒なことになっちゃうんで。

ようやく組み立てです。完成に近付くのでわくわくしてきます。

c0028907_20454491.jpg


はい、組み立て完了です。はたがねで念のため締めておいて、ボンドが固まるまでおいておきます。

c0028907_2047225.jpg


このあと、残りの二枚も組み上げるとなかなかに疲れました。
でもいいものができたと思うので、よかったです。

ふぃ~

おしまい。
[PR]
by bricolagefactory | 2009-05-21 20:52 | 製作風景
たけいたけおの世界
ブリコラージュのイベントで、『たけいたけおの世界』に参加しました。

たけいたけおの世界

武井さんの作品に、さまざまな作り手と組んで作り上げた(刊本作品)というものがありました。

その中に箱根寄木細工の職人と作った刊本がありました。

『木魂の伝記』というタイトルのものである。

たけいたけおさんは絵本作家で、この『木魂の伝記』は旅先の土産物屋でふと目にした箱根寄木細工が
きっかけで、生まれた本である。この寄木を使って本を作れないだろうか?というのが制作の始まりだそうです。

構想20年、それを実現してくれる職人さんに出会うのに3年、実に23年かかって出来上がった作品である。

そんな逸話を今回の語り手 (おかもと りよ)さんから聞いて、本の内容そっちのけで、二人の作り手が苦労の末作り上げた作品に興味が沸いて、一人でかなり興奮してしまいました。

実際にその刊本をりよさんが持ってきて下さっていたので、食い入るように見せてもらいました。

つい先日アニマギャラリーにて展示のあった箱根寄木細工を見に行っていたので、とても身近なものに感じかなり興奮してしまったのかも知れませんが、本の内容はとても素晴らしいものでした。

絶対手に入れたいと思うものでした。

箱根小田原の寄木職人の職人魂と、たけいたけおさんの世界が最高のコラボを果たしたものだと思います。

必見の価値アリです。

興奮気味で何を書いているのやらいつも以上に無茶苦茶な文ですが、それだけすごいんです。

また手に入れたら報告します。(ほんまにみつかるかな~?)

たけいたけおさん を知る機会を下さった おかもとりよさんとブリコラージュに大感謝!!!

おしまい。
[PR]
by bricolagefactory | 2009-05-08 21:37 | 日々あれこれ