<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
IZUMI カリー
日曜日に、大阪日本橋の五階百貨店に行ってきた。

五階百貨店って何?って方も多いと思います。用は大工道具や電動工具などなど、
ホームセンターとかで買うよりも安く購入できるんです。

当然、男だらけの世界で、一緒についてきた嫁さんは何でそんなに目がきらきらしてるの?ってな感じでした。

ここで買った道具のことはまた今度投稿します。

今日はカレー屋さんを紹介しようと思います。
その帰りに、みなと通りに面する西区九条商店街近くの
IZUMIカリーにて晩御飯を食べた。

白いテントが目印のカレー屋さんで、前に一度食べてはまりました。
メニューが色々あり、また次ぎ違うの食べたいと思わせてくれます。

本日はとんかつカリーを食べました。
サクサクのとんかつにこのカレーがベストマッチでございました。
嫁さんは、ゆで卵をミンチ肉っぽいので包んだやつがのったカレー、名前忘れました。
こちらもおいしい!卵肉包み初めて食べました。うまい!

とにかくめちゃうま!1回行ってみてくださいな。
いずみかりー
写真は、あまりにもお腹がすいてて、がっついてしまいあとで気がついたので、食べかけになってしまいました。すいません。
c0028907_2184035.jpg


投稿者;製作スタッフY
[PR]
by bricolagefactory | 2008-02-26 21:12 | 日々あれこれ
浜田工房
今回は、投稿がずいぶん遅れました。すいません。
先週の日曜日に、私の所属する『木の仕事の会』の会員でいらっしゃる、
浜田先生の工房にお邪魔してきました。

なにかとお世話になっている賀來さんに誘われて、米原の浜田工房さんへ朝の六時半出発で行ってきました。暗いうちから行動するのは久々で、かなり眠たかったです。

工房に近づくにつれ辺りは一面雪景色で、工房の周辺は積雪1メートルぐらいはあり、大阪から二時間半の場所とは思えませんでした。
c0028907_21171991.jpg

c0028907_21175012.jpg

c0028907_2118191.jpg

c0028907_21183381.jpg

で、浜田先生の工房にお邪魔して何をしてきたかと言うと、
鉋の刃口を埋める講習を受けてきました。

なんせ分からない事だらけで、刃口を埋める事だけに限らず、
木工の基本となるもいろいろと教えて頂きました。

たった半日ほどでしたが、自分がいかに未熟であるかを改めて気づかせて頂き、
とても勉強になりました。

できるかぎり浜田工房に足を運び、もっと多く学ばせて頂きたいと思いました。
非常に濃い内容の一日でした。

投稿者;制作スタッフY



[PR]
by bricolagefactory | 2008-02-24 00:44 | 日々あれこれ
コーナンプロショップ
最近誰もが耳にするようになった、ホームセンターというもの。
以前は、日曜大工センターって言ってたように思う。
 
昨日ホームセンターコーナンプロショップに行ってきた。
男にとってホームセンターといえば、女性がショッピングに出かけるのと同じようなもの。
一二時間なら余裕で楽しめる。それがプロショップともなると、極端な話一日でも楽しめると思う。

道具コーナーはかなり熱い!
昨日は衝動買いをしてしまった。
というよりは、前々から欲しいと思っていた『下げ振り』が売っていたのだ。
『下げ振り』とは柱や、ドア枠などを取り付ける際に、垂直に取り付けれているかを確認するための道具である。

また、今まで知らなかった事を発見する事もできる。
何気なく見ながら回っていると、こんな便利な物があったんやー!と便利な道具を見つけれたり、分野の違う職種の部品とかが意外に別様とに使えそうなヒントになったりと、面白いものである。

ただいつも気をつけないとだめだと思うのは、
コーナンが全てとなってしまわないよう、
自ら作り出すという事を忘れず、まず買うという意識ではなく、まず作り出す。
この事に気をつけて有効活用して行きたいと思います。

投稿者;制作スタッフY
[PR]
by bricolagefactory | 2008-02-13 01:04 | 日々あれこれ
樹望塾バスツアー
先週の土曜日に、大阪の港区にある藤本木工所さんの主催する
樹望塾バスツアーに参加して来ました。
c0028907_2116021.jpg


今回のツアーでは岸和田にある服部商店さんと、堀田カーペットさんの工場見学に訪れました。

服部商店さんでは、豪快な楢の原木の製材を見させていただきました。
普段私たちが仕事で使う材料が、どのようにして作られているかが良くわかりました。
c0028907_21164682.jpg

c0028907_21184599.jpg


また、服部商店さんで取り扱っておられる材料は、不法に伐採された木々ではありません。我々製作する者としても、地球の資源を大事に活かして使うためには、本当に木のことを考えている材木屋さんとのお付き合いが重要なんです。

そうでなければ、我々も環境破壊しているの一緒だと思うのです。


次に訪れたのは堀田カーペットさん!
こちらでは本物の羊毛のカーペットを独自のスタイルで作っておられる、すごいカーペット屋さんでした。
c0028907_2121331.jpg

c0028907_21213594.jpg

c0028907_21255925.jpg


色々と説明を聞き、サンプル商品を見せていただいたりして、いかに世に出回っているカーペットがいい加減な、見てくれだけのカーペットかということが良く分かりました。
自分が家を持って、カーペット敷くなら堀田さんの物がいいと思いました。

是非一度ホームページ見ることをお勧めします。
堀田カーペット
最後に池上曽根遺跡を見に行った。
大阪府和泉市池上町を中心に広がり、総面積60万㎡もの規模を持つ大遺跡だ。
弥生時代の全期間を通じて営まれた我が国屈指の環濠集落(周囲を溝で囲んだ集落)らしい。
c0028907_2122318.jpg

この井戸は直径2.3mの楠の木の大木ををくり抜いたもの
c0028907_21225941.jpg

c0028907_21233397.jpg

近くにこんな遺跡があるとは知りませんでした。

これからも、もっともっと様々なことに目を向け、勉強して行きたいと思います。

投稿者;製作スタッフY
[PR]
by bricolagefactory | 2008-02-04 21:27 | 日々あれこれ
建物を「増やす」? - 2
さて、前回の増築がどうなったかといいますと、、、
最終的に、こんなかたちになりました。

c0028907_1845989.jpg


増築をする際、どのような構造にしようか・・・と頭を悩ませました。
というのもここのお宅の場合、車庫とはいえ内部はそのまま住宅に延長してますので
不用心な作りでは困ります。しっかり施錠できなければいけません。
もちろん、柱を立て壁をつくり・・・ということになります。
そして、車が入るだけの開口巾と高さも必要です。
そんなわけで、おおきな引戸を引き込むところまでいっぱいに梁をゲートのように組みました。おおきな引戸は、以前使われていたものを少し丈をつぎ足して色を塗り替え、ガラス部分には補強と防犯のためにパンチングメタルを施しリメイクしました。
車庫としてだけでなく、ちょっとバーベキューをしたりとか、レジャー好きの家族のための屋根付のレクリエーションルームにでもなってくれるかしらと期待もしつつ・・・

引戸2枚を引き込むと、こんなふうに大きく開口します。

c0028907_18484974.jpg


この写真を見たある方が、
「あ、これ、お店出来るやん!!」と歓声を上げました。
つまりオープンカフェのようなもので、開店時はこの状態、
閉店時は上の写真の状態というイメージだそうなのです。
なるほど、ビジネスセンスに長けた人は、いろいろとアイデアが浮かぶものだ・・・
確かに、出来なくはない。
将来もしかしたら部屋になるかも、というだけでなく、
カフェをオープン、という可能性もひとつ増えました。

これも、余地のある空間、ということなのでしょうか(笑)
[PR]
by bricolagefactory | 2008-02-01 18:56 | 空間のお話